なりたい職業がない

なりたい職業がないという人も多いみたいです。
原因はさまざまありますが、理由のひとつに世の中の職業についてあまりよく知らないということが理由にあるそうです。

また、たとえなりたい職業が見つかったとしても、
医者や弁護士のようになるのが難しい場合もあります。

ですが、そのような例外を除いてはやりたいことが一度見つかると多くの人はたいていの苦労はできるものです。
確かに職業によってはなるのは難しい職業もあるのですが、
アルバイトやパートからはじめてみるのもよいと思います。
アルバイトやパートであっても、やる気しだいでは正社員に昇格できますし、
自分のやりたい職業ですので多少のことであれば苦にならないはずです。

ですから、なりたい職業がないというのであれば、
いろいろな職業に実際についてみるというのがよいでしょう。
就職で一番大変なのが、面接なのですが、それ以外にも就職で大変なこととしては、
採用試験があります。
採用試験は企業によって異なるのですが、
多くの場合は筆記試験なのですが、対策方法としてはその企業が過去にどのような試験を行っているか調べる必要があります。

ですのでここでは書くことはできませんが、
対策方法がない企業であれば、SPIを参考にするというのが一般的です。
SPIは多くの企業で採用されている試験方式ですので、
対策をしておいて損はありません。

ですので、目的とする企業の過去問が手に入らなかったりするときには、
このSPIを参考にするとよいでしょう。
対策方法としては、書店にSPIの本が置いてありますのでそちらで勉強されるのがよいと思います。