転職と職業経験について

転職をするときには、多くの人が、今までの職業経験を生かした転職をすると思います。

今までの職種ではこうだったから、転職先ではこんなことをっしたいといった感じのことを伝えることで、面接で熱意が伝わりやすいでしょう。
ただ、場合によっては、未経験の分野に転職をするといったことも考えられるでしょう。
そういうときであっても、今までの職種で培った経験が新しい職場でどのように生かせるのか伝えることで、採用してもらいやすくなるでしょう。

<経験したことがない職種に転職する>
経験したことがない職種に転職するときには、履歴書に書くことについても、
どのように書いたらよいのか慎重になってしまいます。

というのも、会社はやはり経験者を雇いたいという気持ちがありますので、
その職種が未経験だと、不利であると言えるでしょう。
ですが、あなたがその職種を選んだのは何か理由があるはずです。
その理由を素直に伝えることで、採用してもらえる可能性が高くなることがあります。
<近年外資系に就職したい>
近年外資系に就職したいといった方が多く見られるようになってきた傾向があります。
外資系企業は実力主義なところが多いため、自分の実力を試してみたくて
外資系企業を希望するという人も多いそうです。

ただ、新卒でいきなり成果主義の外資系企業に就職するというのは、
挫折してしまう原因になるため、あまりおすすめできません。
やはり日系企業である程度、経験をつんでから外資系企業に転職するというのがよいでしょう。